医療法人社団セナ 小澤内科胃腸科|静岡市葵区瀬名川1丁目|内科・消化器内科・内視鏡内科・胃腸内科・健診

小澤内科胃腸科医院

お問い合わせ・ご予約:TEL 054-263-1231

胃内視鏡検査(胃カメラ)の進め方(当日)

胃内視鏡検査(胃カメラ)の流れ

胃内視鏡検査(胃カメラ)の進め方(当日)

来院後当院で実施している経鼻内視鏡で実施する検査の手順をご説明します。

1. 前処置-消泡剤を飲みます

胃の中の泡を取りのぞき、胃の壁をきれいにするために、消泡剤を飲みます。



2. 前処置-鼻腔に局所血管収縮剤をスプレーします

鼻腔粘膜の血管を収縮させます。
出血しにくくするだけでなく、鼻のとおりもよくするために行います。
スプレーは風がシュッと入るような感じで、ほとんど痛みはありません。



3. 前処置-鼻腔に麻酔薬を注入し、局所麻酔を行います

小さな注射器型の注入器で麻酔薬を流し込みます。
局所麻酔ですから眠くなりません。



4. 前処置-麻酔薬を塗ったチューブを挿入します

細くて柔らかい太さの違うチューブにゼリー状の麻酔薬を塗り、細いチューブより順に鼻腔に挿入します。鼻腔の痛みが抑えられ、内視鏡の通過がスムーズになります。
この段階で、実際の内視鏡の挿入感をイメージしていただけます。



5. 挿入-鼻からゆっくり内視鏡を挿入します

前処置を行った側の鼻へ内視鏡を挿入します。この時、違和感はあるものの、ほとんど痛みを感じることはありません。
ご希望があれば、全身麻酔薬を使用し寝ながら検査もできます。ただし、車での来院はご遠慮ください。



6.観察

食道、胃、十二指腸の順に観察していきます。
モニターを見て、自分の目でもその様子を確かめることができます。
検査中でも口は自由になっていますから、話ができ先生に質問もできます。



7.検査が終わったら

約60分~120分で水も飲めますし、食事もできます。